【おすすめ漫画】ドリフターズのあらすじ、内容 戦国部将や歴史上の人物が異世界で戦う!

おすすめ漫画「ドリフターズ」

ドリフターズは2009年からヤングキングアワーズで掲載が始まった作品であり、作者はHELLSINGで一躍大ヒットした平野耕太が描いているファンタジーバトルマンガです。

現在では4巻まで好評発売中であり、そのストーリーやアクションシーンがとても平野耕太的なスタイリッシュで面白い作品となっています。

ドリフターズのあらすじは?

ドリスターズのあらすじ

あらすじは1600年の関が原の合戦において、主人公である島津豊久が突如異世界に召喚されるところから始まり、その後も様々な歴史上の人物が謎の人物「紫」と「easy」という二人によって召喚されてきます。

彼らはそれぞれ「漂流者(ドリフターズ)」と「廃棄物(エンズ)」という陣営に分かれて、オークやエルフのいる異世界で戦に巻き込まれていきます。

 

主人公の島津豊久は別名「妖怪首置いてけ」と言われるほど戦馬鹿であり、その大きな太刀を持って派手なアクションを繰り広げます。

彼の回りには更に織田信長が参謀として参加して、数々の戦で奇策を用いて国盗りを始めたり、また那須与一も加わり何処か妖しい美少年として弓を操り敵を屠っていきます。

 

彼らのすることは国盗りということであった、一見正義的なものかもしれませんが、そうじゃなくて単純に戦馬鹿ばっかりなのです。

こういったキャラはまさに平野耕太の真骨頂であり、そのド派手なアクションシーンと相まってファンがとても多いのが特徴であり、今作品も決して期待を裏切らない出来となっています。

ドリフターズ コミック 1-4巻セット (ヤングキング・コミックス)

新品価格
¥2,416から
(2015/8/23 14:49時点)

 

ドリフターズはどんな人におすすめ?

ドリフターズはどんな人におすすめ?

この作品をお勧めしたい層というのは、やはりまずは歴史上の人物が異世界に召喚されて共に戦い合ったり、敵対したりするファンタジーとしては王道な作品を求めている人だと思います。

雰囲気で言ったらゲームの三國無双や戦国無双などが好きな人にはお勧めでしょうか。

 

また出てくる登場人物も歴史上のありとあらゆる有名人をあつめており、現在ドリフターズとして分かっているだけでも上記の三人の他にも、カルタゴの名将ハンニバル・バルカとそのライバルであるスキピオ・アフリカヌス、西部開拓時代の悪名高いワイルドバンチ強盗団のブッチ・キャシディやザ・サンダンス・キッド、第二次世界大戦の日本からは撃墜王といわれたパイロットの菅野直やミッドウェイ海戦で沈没した飛龍と一緒にきた大日本帝国海軍少将山口多聞など様々な人物がいます。

対するエンズ側にも土方歳三、ジャンヌ・ダルク、ラスプーチン、明智光秀など敵方のキャラも本当に魅力的て、この名前にピンときたらぜひお試しでよんでみてほしいと思います。

 

またファンタジーの世界観としての描写も秀逸であり、エルフやドワーフやドラゴンなども戦に巻き込まれていくのですが、このファンタジーの世界は中世程度文明レベルであり、そこに各歴史上の名将や鉄砲やはたまた航空機という概念が持ち込まれたわけなので、当然普通の戦では終わりません。

戦上手な信長は鉄砲を普及させて戦の概念を変えていきますし、航空という概念が持ち込まれた結果ドラゴンを戦闘機として用いた空戦として概念も用いられ、仮想戦記的な面白さも詰まっているのが魅力的な作品なのです。

このような傾向の作品が好きな人には是非お勧めしたい作品がドリフターズです。

他にもおすすめの漫画を探してみよう!

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ