【おすすめ漫画】好きっていいなよのあらすじや内容 男性も読める恋愛マンガ!

おすすめ漫画「好きっていいなよ」

好きっていいなよは、講談社のデザートで連載している葉月かなえ先生の人気作品です。

橘めい(以降、めい)は小学校の時、クラスで飼っていたウサギの急死させた罪を友人になすりつけられた事が原因で、人を信じる事をやめ、極力人と話さないように生きるようになります。

高校生になったある時、男子生徒から受けたセクハラに対して、間違えて学校一の男前である黒沢大和(以降、大和)に回し蹴りを入れてしまいます。

しかし、そのことがきっかけで大和から強い興味をもたれ、否応なしに大和と話す機会が多くなる日々が始まります。

そして、めいを狙っていたストーカーを撃退したことをきっかけに、大和はめいにキスをし告白。二人は付き合い始める事になります。

もちろん、学校一の男前と日常を共にするため、様々な人間模様が呼び込まれます。大和の初恋相手の武藤愛子との衝突があったり、転校生の人気モデルの北川めぐみとライバルかつ激しいやり取りが合ったり。

 

一方で、大和との縁で及川あさみと友人になったり、かつての大和の同級生の竹村海との距離が近くなったりもします。良くも悪くもめいの人間関係は大和をきっかけに一気に広がります。

そんな人間関係のやり取りの中で、めいや大和をはじめ各キャラクターたちは自分のコンプレックスと戦いながら、その答えを見つけていきます。

 

その中で皆、少しずつ成長しながらその関係を良いものにしていく。そんな人間模様を繊細なタッチでこの作品は描いています。

少女漫画にはカテゴライズされているものの、中身のヒューマンドラマは読む人を選びません。私自身も男であってもドハマりしました。

少女マンガとかそういう垣根やハードルを取っ払ってくれる、非常にいい作品だと感じています。

好きっていいなよ。 コミック 1-14巻セット (KC デザート)

新品価格
¥6,486から
(2015/9/8 04:20時点)

この漫画の魅力

好きって良いなよの魅力

一番の魅力は、それぞれのキャラクターが自分のコンプレックスと戦い、そして自らの人との繋がりからその答えを見つけていく、その生きる姿です。

主人公のめいは、大和との繋がり、そして大和をきっかけとした繋がりの中で、それまで失っていた「人と繋がって生きていく事」を少しずつ取り戻していきます。

突然、自分の事をしっかり思ってくれる恋人や友人に恵まれても、人と繋がらず何も得てこなかった自分にはそれに対して返せるものが何もない、その負い目との戦いにもなります。

 

そして、少しずつ「自分」を得ていくめいは、大和との恋、そして北川めぐみのような恋のライバルが現れても、打算のない姿勢で少しずつ向き合っていきます。

最初にめいと衝突する武藤愛子。彼女も、太っていた過去、そしてそのダイエットで出来たしまった体の傷が、彼女の惨めな過去の記録としてコンプレックスになっています。

自分自身に何も持っていないめいが大和を得た事を妬みながらも、大和への想いの整理と自分のコンプレックスを受け止めてくれる存在にも向き合っていきます。

 

竹村海は、苛められていた中学時代に大和に助けられたが、その大和がクラスの輪の中心にいた事から素直な気持ちを向けられずに転校してしまいます。

自分を鍛えて苛めた人間への復讐を計画していたが、その苛めの主犯格と再会するも、相手は昔の見る影もなく海を昔の苛めていた相手とも気付かずその体格差に腰が引けているだけの人間になっていました。

以降、彼の中には努力の結果が行き場を失った無力さと素直になれないままの大和への気持ちが残り続けています。

 

めいと恋のライバルになる北川めぐみ。小さい頃は容姿や家庭環境が原因で苛められそれがコンプレックスになり、中学以降自分を変えて今の立場を手に入れます。

しかし、誰もが構ってくれる望むものが手に入る環境は、彼女が気付かぬうちに彼女の人との繋がり意識する視野を狭くしていきます。

それは、望んでも手に入らない大和との恋にぶつかった時に、彼女の目の前に様々な事態を引き起こして、その失ったものに向き合わせていきます。

 

もちろん、自分自身と向き合うのは大和も同じです。海が現れた時は一時的な三角関係になりながら、めいへの気持ちの足りなささを突きつけられ、それと向き合います。

また、将来の道を探す事に最初に悩むのも彼です。大和も決して他人の導き手になるだけではなく、それを通して自分の中と向き合っていきます。

 

これら主要キャラを筆頭に、めいと大和に関わる人々は、大小はあれど自分の歩みを止めてしまっている内面や過去等に向き合っていきます。

繊細なタッチで描かれるその自分と向き合う葛藤の数々には非常に惹かれます。アニメ化も実写化も納得の作品です。

他にもおすすめの漫画を探してみよう!

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ