【おすすめ漫画】毎日母さんのあらすじや内容 子育てに悩んでいるお母さんに読んでほしい作品!

おすすめ漫画「毎日かあさん」

「毎日かあさん」とは、作者である西原理恵子さんが、自らの子育ての様子を漫画としてつづったものです。

その中では、特に男の子を育てることのの大変さがうまく描かれています。しかし、その大変さも笑い飛ばしてしまうような内容です。

子育て中の人たちが読んだら、大変なのは自分だけではないと感じるでしょう。また、自らの子育てにも自信が持てるようになると思われます。そして、気持ちが楽になると感じられます。

「毎日かあさん」は、短編の漫画集です。一話ごとに、作者である西原理恵子さんの子どもへの愛情が伝わってきます。

世の中には、子育てに関する本はたくさん出回っています。しかし、そのどれもが、子育て中の人たちの心に響くような内容であるとは限りません。

また、多くの人たちは本に書いてある通りの子育てにならないことに悩んだりします。

 

しかし、「毎日かあさん」を読んでみると男の子はこんなものだとか、大変なのは自分の子どもだけではないのだと気づくのです。

そして、毎日の大変な出来事も笑って過ごせるようになるのです。

 

また、自分の子どもに対しても、おおらかな気持ちで接することができるようになるのです。

こんなことからも、子育て中の人たちにはぜひ手に取ってほしいと思う漫画です。そして、これを読むことによって、気持ちに余裕を持ちながら、子育てを楽しんでほしいのです。

お徳用 毎日かあさん 1 2巻

新品価格
¥648から
(2015/9/24 02:57時点)

 

「毎日かあさん」は作者の子どもの成長に合わせた展開

「毎日かあさん」は作者の子どもの成長に合わせた展開

「毎日かあさん」の初期の作品は、西原理恵子さんの子どもがまだ小さかった頃の内容が題材となっています。

そして、子どもが成長するにしたがって、小学生時代や中学生時代のエピソードが題材となっていきます。

それらを連続して読むうちに、子育ては大変だけど、いい思い出になるんだなあと思ってしまいます。特に、息子の成長には目を見張るものがあります。

 

また、女の子の難しさも笑ってしまうような内容で描かれています。いわゆる反抗期というものも、笑って過ごすことができそうです。

子育てに煮詰まってしまいカリカリしているようならば、ぜひ読んでみるといいでしょう。たぶん、自分にとって励みになると思われます。

 

西原理恵子さんは夫を亡くしてから、二人の子どもを連れて、いろいろな国へ旅をしています。その旅の様子も面白おかしく描かれています。その旅を通して、二人の子どもが成長していく様子も伝わってきます。

子どもにはいろいろなことを体験させると良いということもこの作品から伝わってきます。

世界中に目を向ければ、自分の悩みなんてちっぽけなことに思えるようになるのかもしれません。そして、日常の悩みも吹き飛んでしまうことでしょう。

 

子育て中は、いろいろなことで悩んでしまうことが多いです。しかし、子どもに振り回されていること自体が幸せだと感じられることも悪くはないです。

そして、おおらかな気持ちで自分の子どもをみることができればいいのだと、この作品は気づかせてくれます。

他にもおすすめの漫画を探してみよう!

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ