ダンジョン飯のあらすじや内容

ダンジョン飯のあらすじや内容

今回は九井諒子さんの漫画「ダンジョン飯」のあらすじや内容、試し読みできる電子書籍サービスを紹介します。

以下の電子書籍サービスでは「ダンジョン飯」の一部ではありますが、無料で試し読みすることができるので気になった方はどうぞ。

「ダンジョン飯」の試し読み
電子書籍の購入はこちら

 

タイトルの通り「ダンジョンで飯を食す!」というのがこの漫画のメインテーマです。

ゲームではお馴染みのダンジョン(迷宮)に出現する魔物達を料理して食べてしまうライオス一行の珍道中が描かれます。

ちなみに、この世界でも魔物を食べるのはかなりドン引きされる行為です。仲間の一人である魔法使いのマルシルの拒絶っぷりがそのことを端的に表しています。

 

魔物食を実行する元々の理由は「お金がないから」というものです。

そして妹を救うため、ライオスとその仲間たちは急いでダンジョンの深層を目指します。ただし、食費を浮かせるためとは言え、その手段として「魔物を食べる」ことを選ぶのは大体がライオス個人の趣味によるものだったりするのですが・・・。

 

こんな設定からわかる様に世界観はRPG的です。宝箱や罠があり、深層に行くほど強い魔物が現れるダンジョンが舞台となっています。さらに、ダンジョンで死んだ者が生き返るというゲームならではの設定もあったりするのでゲーム好きの方はかなり楽しめるかと思います。

そもそも主人公たちが救おうとしているファリンも既にドラゴンに食べられています。助けるというのは蘇生することに他なりません。

そんな文字通り「食うか食われるか」の戦いですが、死んでも復活できるとあってテンションはちょっと緩めの不思議な雰囲気の漫画です。

魔物の生態大図鑑!?

魔物の生態大図鑑!?

ダンジョン飯はただ食べるだけでなく、解剖・調理の様子を通して魔物の生態が克明に描かれるのが面白いところです。

例えば、最初に食べるのはダンジョン入口近くで遭遇する「歩きキノコ」、「大サソリ」、「スライム」を使った水炊き。ゲームのキャラクターに詳しくなくても、なんとなく序盤で登場する雑魚モンスターという雰囲気が分かるラインナップになっています。

スライムについては図入りで「人間でいうと胃がひっくり返って消化液で内臓と頭を包んでいる」という構造が解説され、乾燥させたものが鍋に入れられたりします。

妙に納得できるリアリティがあり、絶対に誰も食べたことがない(そもそも実在の生物ではない)のに「あー、そんな感じね」と思わされます。

 

ちなみに最初は大サソリをそのまま茹でて食べようとしたライオスたちですが、そこに魔物食の玄人・ドワーフのセンシが現れて「正しい(?)食べ方」を伝授します。「調理次第でこんなにも味が変わるなんて」と言わしめる美味しい魔物食が出来上がります。

この漫画を読むと、ゲームをするときにモンスターを見る目がちょっと変わりそうですね。

RPG的世界のまじめなパロディ

RPG的世界のまじめなパロディ

魔物の生態についてはもちろんのこと、その他の「ダンジョンの謎」についても説明付けがされています。

RPGの世界観についての考察にもなっているのはダンジョン飯の魅力の一つです。特にゲームに慣れ親しんだ人にとっては楽しめるポイントなのではないでしょうか。

例えば、ダンジョン内に点在する罠や宝箱、そして人が生き返ることなどはゲームでは当然のオプションですが、そんなことについてもしっかりと理屈が付けられています。

その世界の内側にいる冒険者たちの視点から語られるダンジョンのシステムには「そうだったのか!」と思わされる面白さがあります!

 

もちろん、設定だけの漫画ではありません。魔物達との戦いに加え、ファリンを無事助け出す(蘇生する)ことができるのか?という緊迫感もあり手に汗握ります。

さらに、当初魔物を食べているだけだったような主人公たちも、物語が進むにつれてダンジョンの核心に迫っていくことになります。

ゆるいようでいて実はしっかりしたファンタジーでもあります。これからどんな展開になっていくのか目が離せない漫画です。