おおきく振りかぶっての簡単なあらすじ

おおきく振りかぶっての簡単なあらすじ

今回はひぐちアサさんの漫画「おおきく振りかぶって」のあらすじや内容、試し読みできる電子書籍サービスを紹介します。

以下の電子書籍サービスでは「おおきく振りかぶって」の一部ではありますが、無料で試し読みすることができるので気になった方はどうぞ。

「おおきく振りかぶって」の試し読み
電子書籍の購入はこちら

 

今までにない異色の高校野球漫画「おおきく振りかぶって」。創設1年目の硬式野球部のメンバーはなんと全員1年生です。

究極のコントロールを持ってるけど球の遅い投手三橋、過去に投手との考え方の違いで投手にいいイメージを持っていない捕手の阿部。メンバー全員がそれぞれの思いを胸に甲子園優勝を目指していくストーリーです。

野球好きな方であれば絶対に楽しめる漫画です!

おおきく振りかぶってのおすすめポイント

おおきく振りかぶってのおすすめポイント

「おおきく振りかぶって」はひぐちアサさんが描いている漫画です。

この漫画の最大の特徴は、他の野球漫画に比べて試合内容が『非常に濃い』ということです。

どれくらい内容が濃いのかと言うと、全打席シーン一球一球がすべて描かれている点です。一球ごとの打者と投手の心理だけでなく守備、走者、捕手など事細かくそれぞれの思いが描かれていて、普通の野球漫画では見られないような一試合丸ごと漫画にしています。

 

舞台は埼玉県にある西浦高校が舞台で、監督も高校OBの百枝監督(通称モモカン)女性の監督と何もかもが異色です。

マウンドは絶対譲りたくないという強い心を持つけれど、普段は超弱気のピッチャー三橋と、過去にバッテリーを組んでいたピッチャーといざこざのあったキャッチャー阿部を中心にストーリーは進んでいきます。

人に嫌われるのが怖い三橋は阿部のサインに決して首を振らず投げ続け、最初のうちは順調に試合を組み立てられていましたが、他チームに配球はすべてキャッチャーだけが決めているのがばれて、勝ち進むうちに徐々に打ち込まれだします…。

そんな折、怪我で試合を組み立てていたキャッチャー阿部が怪我で退場します。「阿部君の言うとおりに投げていれば勝てる」と信じていたピッチャー三橋は初めて自分で投球を考えるようになります。

 

チームは阿部の退場をきっかけに敗退しますが、三橋は今回の件をきっかけに色々考えるように。

今まで一方通行だった三橋と阿部の関係ですが、三橋も阿部に対して自分の意見を徐々に伝える様になります。上下関係に近かった物がゆっくりと対等の関係になっていくのも見所です。

試合中の描写も事細かく描かれていて、非常に面白い内容になっているのですが、巻が進むごとに三橋と阿部の関係が最初の頃と変わってきて、段々と野球だけでなく心の繋がったバッテリーへと成長していく展開も読んでいて非常に面白いです。

他メンバーもそれぞれのプライベートでの心理描写、監督モモカンの過去など野球以外の部分でも早く続きが読みたい!と思える内容になっています。

 

おおきく振りかぶっては人間関係はもちろん、試合内容についてもかなり細かい描写が書かれているのでコアな野球ファンでも楽しめる作品です。

西浦高校中心に描かれていますが、ライバル高校の試合も細かく書かれています。

西浦高校メンバーが引退するまで果たして「甲子園優勝」という目標は達成できるのか!?

普通の野球漫画に飽きた方はぜひこの異色の高校野球漫画「大きく振りかぶって」を読んでみてください。ハマること間違いなしです!

「おおきく振りかぶって」の試し読み
電子書籍の購入はこちら