おすすめ漫画「サムライソルジャー」

今回はヤンキー漫画「サムライソルジャー」のあらすじや内容、試し読みできる電子書籍サービスを紹介します。

以下の電子書籍サービスでは「サムライソルジャー」の一部ではありますが、無料で試し読みすることができるので気になった方はどうぞ。

「サムライソルジャー」の試し読み
電子書籍の購入はこちら

 

サムライソルジャーは少し珍しい登場人物の年齢層が若干高めのヤンキー漫画です。主人公の新太郎が少年院から渋谷に戻ってきたところから物語が始まります。

新太郎は渋谷で伝説と呼ばれるチーム「ZERO」のメンバーでしたが、親友の死をきっかけに真っ当に生きようと決意します。

しかし、古巣の渋谷でバイトをしていると、かつて共に「ZERO」を立ち上げた桐生が不穏な動きを見せていることを知ります。

桐生は死んでしまった雫と同じく新太郎にとってはかけがえのない友達でした。そんな友達が渋谷の裏の世界と関わりを持ち、チームを率いて何かを成そうとしているのを見て新太郎は阻止するべく立ちあがります。

 

渋谷ではカラーギャングや暴走族が闊歩しまさに世紀末の様相を呈します。

全身白づくめのカラーギャングが徒党を組んで練り歩いたり、対抗勢力がバイクに乗って集団で現れて通行人を襲ったりと中々な内容です。

「そんなことあるかい!」と思いながらも、妙にワクワクしながら読み進めてしまいます。そんな大混戦の中、新太郎は桐生を止めるためにヤンキー勢力にたった一人で立ち向かっていきます。

サムライソルジャーは個性の強いキャラが多い!

サムライソルジャーは個性の強いキャラが登場!

サムライソルジャーの特徴といえば登場人物の心理描写やそれを上手く描く画力だと思います。

劇画調で描かれた作品で、その表情一つで何とも言い表せない心の葛藤を表現してきます。

ヤンキー漫画の華ともいうべきキザな立ち振る舞いよりも、登場人物の気持ちが溢れかえる表情が魅力的な漫画です。

 

もう一つこの漫画の面白い点を挙げるとすればキャラクターの個性がたっているところです。

いかにもなヤンキーにとんでも要素を放り込んでくるのは漫画の定石ですが、その設定をこの画力でやってしまうので、インパクトはかなりあります。

シリアスなシーンなのに色々と衝撃的すぎて「そんなのアリ?」と笑ってしまう場面がちらほらと存在します。

 

サムライソルジャーは全27巻のヤンキー漫画ですが、最終的に物語としてのオチが付いたかどうかは議論があります。

後半が駆け足すぎてほったらかしになった伏線も多々ありますが、個人的には登場人物の彼らが一人一人自分の気持ちに整理をつけていく過程を見るのが好きでした。

そういう意味では新太郎を含め桐生や敵対勢力の面々に至っても、それぞれの物語に終止符を打てていたのではないかと思います。

 

ハッピーエンドや大円団と言った終わり方とは程遠いので、すっきりした終わりが良いという方にはおすすめしがたい作品です。

物語の登場人物についてあれこれ考えて「こいつはきっとこう考えているからこれで良かったのだ」とか「やっぱりこいつはまだまだやり残したことがあるから、ここで終わりはしないだろう。また何かやるだろう」と考えるのが好きな人には、登場人物の心情描写が際立ったこの漫画はおすすめです!

「サムライソルジャー」の試し読み
電子書籍の購入はこちら