【おすすめ漫画】ジョジョの奇妙な冒険3部のあらすじや内容! スタンドといわれる超能力の戦い!

おすすめ漫画「ジョジョの奇妙な冒険」

ジョジョの奇妙な冒険は第1部から始まり、現在第8部が連載されている大人気の漫画です。

各部ごとにストーリーは完結していきますので基本的にはどの部から読み始めても問題ありません。

なかには登場人物が別の部で登場したりするのでちょっとわからない部分も出てくるかもしれませんが、大きな影響はないと思います。

そんな長期連載のジョジョですが、私はなかでも第3部が一番好きです。この3部をきっかけに一気に人気漫画の仲間入りを果たしたといっても過言ではなく、ジョジョファンの多くが好きな部として3部を挙げているようです。

この3部のあらすじは主人公である空条承太郎が母親の命を救うべく、日本を発ちエジプトへと向かうというものです。

目的はすべての元凶であるディオを倒すため。このディオは第1部からの登場人物で、主人公の祖先ジョナサン(第1部主人公)の因縁の相手なのです。

 

承太郎は祖父であるジョセフ(第2部主人公)やその他の仲間たちと共にエジプトへと突き進んでいきます。

ですがそう簡単にはいきません。時を超え承太郎の前に復活したディオ。肉体が完全に復活していないため、多くの刺客を放ちます。

エジプトの道中ではさまざまな敵がその行く手を阻むのです。果たして承太郎一行は無事ディオを倒し、母親の命を救うことができるのか…?という内容になっています。

ジョジョの奇妙な冒険 全63巻完結セット (ジャンプ・コミックス)

新品価格
¥26,568から
(2015/9/7 17:29時点)

ジョジョの奇妙な冒険3部では魅力的なスタンドが

おすすめ漫画ジョジョの奇妙な冒険3部の内容

ジョジョの奇妙な冒険は第3部に入り、その特徴をガラリと変えます。それはスタンドという言わば超能力の出現に起因しています。

スタンドにはそれぞれに違った特殊能力が備わっており、それを使った頭脳戦が楽しめるのです。たとえば火、水、氷などのような自然現象を扱うスタンドから、刀や剣のような武器を使うスタンド。さらには夢や空間、魂などを扱うスタンドもあり、非常に幅広いものとなっています。

 

またそのスタンド自体のパワー、スピード、射程範囲なども細かに設定されており、パワーが強いほどその射程範囲は短く、逆にパワーが弱いほど射程範囲が広くなる傾向があります。

一般的に前者を近距離パワー型、後者を遠距離操作型と呼び、明確な区分がなされているので非常にわかりやすいです。

このほかにも特殊なタイプが存在し、これから先もまだまだスタンドの魅力が広がっていきそうです。

 

ジョジョの奇妙な冒険に登場する人物の多くがしっかりとしたキャラクター付けがなされています。

それは独特なセリフやポーズ、さらには擬音などに垣間見られ、ジョジョの大きな魅力の一つでもあります。

ジョジョファンの間ではそれらは常識として常に話題の中に盛り込まれていて、アメトークでも「ジョジョの奇妙な芸人」として特集がされていました。

 

ジョジョのポーズや擬音など、少々マニアックな会話ができる漫画です。

尽くことのない話題がジョジョには詰まっており、飽きることがありません。画力も相当なものでルーブル美術館に展示されるほどです。

他にもおすすめの漫画を探してみよう!

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ