【おすすめ漫画】デスノートのあらすじや内容 天才たちの心理戦が魅力的!

おすすめ漫画「デスノート」

眉目秀麗の高校生である夜神月(やがみ らいと)は、ある日、自分の通っている高校で奇妙な黒いノートを拾います。

表紙に「DEATH NOTE」と書かれたそのノートは、死神であるリュークが落とした、「ノートに名前を書かれた人間を殺すことのできる殺人ノート」だったのです。

 

拾ったノートが本物だと知ったライトは、優しい人間だけが存在する新世界を作るため、世界中の犯罪者の名前をノートに書き込み、彼らを「心臓麻痺」という形で次々と殺していきます。

そこで人々は犯罪者を殺す存在がいることに気付き、その存在を「キラ」と呼び始め、キラを神とあがめる者まで現れるようになっていきます。

一方で、キラの存在に気付いたICPO(国際刑事警察機構)は、全世界の警察を動かせる唯一の存在である世界一の名探偵L(エル)にキラ事件の調査を依頼します。

キラの存在を追うエル。エルを躱して犯罪者を裁くキラ。殺しのノートを中心に、二人は対峙していきます。

 

デスノートの魅力は心理戦!

デスノートの魅力は心理戦!

この漫画は週刊少年ジャンプで連載されていた原作大場つぐみ、作画小畑健が手掛ける少年漫画です。

少年漫画ながら「人間が人間を裁くこと」といった重いテーマを扱ったサスペンス漫画となっています。映画、アニメ、ドラマにもなっている作品です。

 

ここでは本作の魅力を四つ紹介していきます。

まず一つ目は、なんといって、息詰まる心理戦です。エルがキラに近づき、キラがエルをかわす。一言でいうと、こういった内容の漫画ですが、その近づき方、かわし方が説得力のある巧みなもので、実にハラハラさせてくれます。

 

二つ目は、登場キャラクターが魅力的というところです。物語で天才を書くのは、非常に難しいことだと思います。というのも必ずしも作者が天才というわけではないからです。

天才を扱う作品の中には、天才という設定だけが独り歩きし、ご都合主義になってしまう作品も少なくありません。

例えば、天才キャラクターを立てるために周囲の人間を下げることで相対的にキャラクターを天才だと持ち上げるような作品などです。

しかし、本作は違います。エルとキラという二人の天才を、ご都合主義に頼ることなく、見事に描いています。

 

三つめは、丁寧な心情描写です。キャラクターの行動動機が逐一書かれているため、説得力があります。

このキャラクターがどの程度考えて動いているのか、今このキャラクターはどういった情報を持っているのか。こういったことが、わかりやすく書かれているため、物語に没頭することができます。

 

そして四つ目は小畑健の作画です。今にも動き出しそうなすっきりとした綺麗な絵は、リアリティを重きにおいているこの漫画と見事に合致しています。

DEATH NOTE (デスノート) 全12巻完結セット [マーケットプレイス コミックセット]

中古価格
¥2,789から
(2015/9/7 15:38時点)

デスノートはこんな人におすすめ

デスノートはこんな人におすすめ

少年漫画の本作ですが、その緻密な設定や息詰まるサスペンス等から大人が読んでも楽しめる作品となっています。

特にミステリ小説やサスペンス小説、サスペンス映画などを好む人におすすめです。細かい心理描写や、巧みな展開は、小説や映画のそれに近いからです。

 

他にも、読み応えのある作品を探している方にもおすすめです。

この作品は十二巻で完結していますが、その丁寧な作りによってとても濃い内容になっていて、文字数も多いこともあり、とても読み応えのある作品になっています。

他にもおすすめの漫画を探してみよう!

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ