【おすすめ漫画】バクマン。のあらすじや内容 デスノート作者による2作目

おすすめ漫画「バクマン。」

バクマン。は、週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載され、コミックは20巻まで発売された少年漫画です。

バクマン。の実写映画が佐藤健、神木龍之介で予定されています。

二人の中学生、高木秋人(シュージン)と真城最高(サイコー)がそれぞれ漫画の原作者と作画としてコンビを組み、「亜城木夢叶」として漫画家として成功を目標に努力します。

また、サイコーの恋人、亜豆美保が声優になる夢を持っており、亜城木夢叶の漫画がアニメ化された時、亜豆がヒロインの声優を演じるという夢を持ち、サイコーと亜豆は、夢が叶うまで会わないで夢を追いかけると決め、漫画家、声優としてそれぞれ努力するという物語です。

物語の中には実際の漫画も出てくる

バクマン。中には実際の漫画も出てくる

物語は、架空の出版社、週刊誌ではなく、集英社の週刊少年ジャンプの固有名詞がそのまま記載されており、絵も内容も細かく、そこかしこに、ジャンプと分かる記載があり、ワンピースやナルト、ドラゴンボールなど、名前だけでなく、絵が記載されているとこともたくさん見られます。

そのため、週刊少年ジャンプの編集部の体制、会議の内容、掲載や打ち切りまでの流れなど、出版社の裏側が事細かに記述されており、ここまで記載してしまっていいのか、どこまで本当のことなのかわからないですが、週刊誌を読むにあたって考えさせられる内容となっています。

バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)

新品価格
¥8,640から
(2015/8/23 04:13時点)

作者はデスノートの2人

バクマン。作者はデスノートの2人

バクマン。の作者である、原作:大場つぐみ、漫画:小畑健のコンビは、デスノートから2回目の連載で、デスノート同様、話、絵とも非常に内容が濃く、読み応えがあります。

何より、絵は抜群で、二人でやっているため、内容の濃い絵が描けるということもあるのでしょうが、非常にうまいです。基本リアルな絵が魅力で、単純な、漫画を描く室内の絵が多いのに飽きない絵なのです。

 

しかし、リアルな絵よりもずっと魅力的なのは人物です。

人の感情がリアルに伝わってくる表情、リアルでないのにコミカルで特徴的で動き、リアルでないキャラなのに絵はリアルなキャラクター、どれも他の漫画にはなかなか見られない魅力だと私は思います。

漫画の読み手としては、漫画が好きな人はどんな人にも楽しめる内容だと思いますが、これまで週刊少年ジャンプが好きでジャンプ漫画をたくさん読んできた人にとって、特に楽しめる漫画だと思います。

 

まず、ジャンプの「努力」「友情」「勝利」をメインとした内容で、バトルものではないものの、漫画としては王道であるといえます。

その、バトルではない、スポーツでも、推理でもない新しいジャンルの王道漫画としての面白さがあります。

 

しかし、漫画マニアからすれば、バクマン。は単純に内容を楽しむだけの漫画ではないことがわかります。

内容のほか、漫画の裏側、ひいてはジャンプの裏側を垣間見れるという点で楽しんで読むことができるのです。

また、漫画を作っていく過程が良くわかるため、この漫画がどんな風に描かれているのか、いつも何気なく読んでいる一コマ一コマが、どのような効果を狙って描かれているのか、など、いろいろと考えながら良むことができ、いろんな楽しみ方ができる漫画です。

他にもおすすめの漫画を探してみよう!

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ