おすすめ漫画「バクマン。」

今回は漫画「バクマン。」のあらすじや内容、試し読みできる電子書籍サービスを紹介します。

以下の電子書籍サービスでは「バクマン。」の一部ではありますが、無料で試し読みすることができるので気になった方はどうぞ。

「バクマン。」の試し読み
電子書籍の購入はこちら

 

バクマンは週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載されコミックは20巻まで発売されています。また実写映画も公開されていて、佐藤健や神木龍之介が出演しています。

バクマンの主人公は2人の中学生の高木秋人(シュージン)と真城最高(サイコー)がそれぞれ漫画の原作者と作画としてコンビを組み「亜城木夢叶」という名前で漫画家としての成功を目標に努力していきます。

 

また、サイコーの恋人である亜豆美保は声優になる夢を持っていて、亜城木夢叶の漫画がアニメ化された時に亜豆がヒロインの声優を演じるという夢を持ちます。

サイコーと亜豆は夢が叶うまで会わないで夢を追いかけると決め、漫画家と声優としてそれぞれ努力する物語です。

物語の中には実際の漫画も出てくる

バクマン。中には実際の漫画も出てくる

バクマンの物語は架空の出版社や週刊誌ではなく、集英社の週刊少年ジャンプの固有名詞がそのまま記載されており絵も内容も細かいです。

さらに、そこら中にジャンプと分かる記載がありワンピースやナルト、ドラゴンボールなど名前だけでなく絵が記載されているところもたくさん見られます。

そのため、週刊少年ジャンプの編集部の体制や会議の内容、掲載や打ち切りまでの流れなど、出版社の裏側が事細かに記述されています。

また、主人公たちが漫画家となって様々な漫画を描き、ファンからのアンケート投票の結果によって打ち切り漫画が決まってしまうジャンプの裏側など詳細に描かれています。

バクマンの作者はデスノートの2人

バクマン。作者はデスノートの2人

バクマンの作者である大場つぐみ(原作)、小畑健(漫画)のコンビはデスノートから2回目の連載で、デスノートと同じ様に話や絵の内容が非常に濃く読み応えがあります。

二人でやっているので内容の濃い絵が描けるということもあるのでしょうが、何より絵の上手さは抜群です。基本リアルな絵が魅力で、単純な漫画を描く室内の絵が多いのに飽きない漫画です。

「漫画家を描く漫画」という描くには少しややこしそうな漫画ですが、デスノートの様に緻密で完成度の高い漫画に仕上がっています。

関連:漫画『デスノート』のあらすじや内容・試し読み!天才の心理戦が見所!

 

しかし、リアルな絵よりもずっと魅力的なのは人物です。

人の感情がリアルに伝わってくる表情やコミカルで特徴的な動き、バトル漫画の様に個性の強いキャラではありませんが人間味溢れるキャラが魅力的な漫画です。

漫画が好きな人であればどんな人にも楽しめる内容だと思いますが、これまで週刊少年ジャンプが好きでジャンプ漫画をたくさん読んできた人にとっては特に楽しめる漫画だと思います。

ジャンプの「努力」「友情」「勝利」をメインとした内容であり、バトルものではありませんが漫画としては王道です。

バトル漫画やスポーツ漫画、推理漫画でもない新しいジャンルの王道漫画としての面白さがあります。台詞もかなり多いので読み応えもあります。

 

バクマンは単純に内容の他にも漫画の裏側、ひいてはジャンプの裏側を垣間見れるという点で楽しんで読むことができます。

また、漫画を作っていく過程が良くわかるため、この漫画がどんな風に描かれているのか、いつも何気なく読んでいる一コマ一コマがどのような効果を狙って描かれているのかなど、色々と考えながら読むことができ様々な楽しみ方ができます。

「バクマン。」の試し読み
電子書籍の購入はこちら