【おすすめ漫画】覚悟のススメのあらすじや内容 21世紀の荒廃した世界が舞台!

おすすめ漫画「覚悟のススメ」

「負けることが恥ではない!戦わぬことが恥なのだ!」の言葉と共に、眼鏡をかけた筋肉ムキムキのほぼ全裸の少年が刀を構えたカラーページという強烈な始まり方をしますが、内容はもっと強烈です。

21世紀初頭の地殻変動によって世界中の生態系が破壊され、大部分で人が住めなくなった世界が舞台です。

 

建物は倒壊し毒ガスが蔓延、巨大化した生物や身体に異常をきたした人間がうろつく危険地域となった東京・私立逆十字学園にある日、白ランを身にまとい、鋼鉄の鞄を持った少年が転校してきます。

少年の名は葉隠覚悟。旧日本帝国軍で戦略人間兵器の開発に携わり、多くの捕虜を人体実験で殺戮した戦争犯罪者・葉隠四郎の子孫で、常人では持つこともままならない鋼鉄の鞄の中には、そのおぞましい研究の秘密が隠されていました。

下校中に怪物と化した異常者「破夢子」の襲撃に遭った旧友たち。そこへ突如、白いマフラーをはためかせ、鋼鉄の鎧をまとった正義の味方が登場します。

その正義の味方こそが覚悟であり、身にまとった強化外骨格『零』は葉隠四郎の人体実験により命を奪われた、3000の捕虜の魂と恨みから生み出された意志を持つ鎧であり、恐るべき耐衝撃性や化学兵器を搭載した戦略人間兵器。

葉隠覚悟は戦争で多くの命を奪うために作られたその力を、人間の命と尊厳を守るために使おうとします。

 

しかしその覚悟のもとへ刺客を送り込む存在が。それは零と同じ経緯で作り出された強化外骨格『霞』を着装し、人間でなくなった覚悟の兄・散(はらら)だったのです。

人間の尊厳のために戦う覚悟と、人ならざる存在のために人間に恨みを晴らさんとする散の戦いが始まります。

「当方に迎撃の用意あり!覚悟完了!」このセリフで、この漫画を知っているという方もいるのではないでしょうか。

覚悟のススメ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

新品価格
¥432から
(2015/9/9 02:11時点)

覚悟のススメはどんな人におすすめ?

覚悟のススメはどんな人におすすめ?

一般的に山口貴由先生の漫画といえば『シグルイ』の方が有名かもしれませんが、個人的にはこの頃の『覚悟のススメ』『蛮勇引力』『悟空道』を描いていた時の山口先生が、一番キレキレだったように思います。

山口先生ご本人もあとがきで「この頃の漫画はもう描けない」と振り返るほどです。

 

実際、シグルイ終了後に描かれた覚悟のススメの続編『エグゾスカル零』はシグルイの展開に引っ張られてしまい、当時の勢いがなく私のような原作ファンでも受け入れがたい内容でした。

テーマとしては人間側の代表たる覚悟と、人間を恨む存在の代表となった散様との戦いの中で「人間の尊厳とは何か、人間によって破壊される人間以外の存在を誰が守るのか、正義とは何か?」というところです。

いきなり内臓や血しぶきが飛び交い、半ばギャグのようなノリで人間がバンバン死んでいく荒廃した世界観ですが、とにかく台詞と展開にいちいちツッコミむ気がなくなるほど読者を納得させる、言いようのない熱さと勢いがあります。

 

名台詞を挙げだせば何千文字でも埋められてしまうので多くは語りませんが、零を着装できない丸腰の状態で散様の居城・ガラン城に乗り込んだ覚悟が炎を使う敵と相対した時に突然全裸になり、部下たちが驚く中で散様が微笑んで「何だか知らんがとにかくよし!」と言い放つシーンがありますが、このセリフが覚悟のススメのノリを最も端的に表している台詞だと思います。

 

最終決戦を経て、ついに諸悪の根源は滅び地球には生命の息吹が少しずつ蘇ります。

並大抵の漫画ならご都合主義だと文句を言う人も出るところですが、息もつかせぬ怒涛の勢いと胸に残る台詞と共に一気に突き抜けるため、読み終えれば文句を言うどころかマラソンを完走した後のような満足感が胸に去来することでしょう。

 

キャプテン翼、テニスの王子様、逆境ナイン、彼岸島、等ギャグなのか本気なのか判断がつかないが、妙な勢いのある展開が好きな人は絶対にハマると思うのでおすすめしたいです。

逆に細かい整合性が気になってしまい突飛な設定を受け入れない、いわば、空想科学読本が好きなタイプの人には合わないかもしれません。

好き嫌いのはっきり分かれる漫画ですが、好きな人は絶対ハマると思うのでぜひ読んでほしいと思います。

他にもおすすめの漫画を探してみよう!

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ