【おすすめ漫画】軍靴のバルツァーの簡単なあらすじや内容 ドイツについて詳しく書かれた戦争マンガ!

おすすめ漫画「軍靴のバルツァー」

舞台は19世紀のプロイセン王国(現在のドイツ連邦共和国)に似た仮想世界の帝国主義の軍事国家であるヴァイセン王国であり、主人公はヴァイセン王国の優秀な若い少佐であるベルント・ヴァルツァーという青年です。

彼は、その卓越した軍事手腕を買われ通常よりずっと早く佐官に昇進するという非常に順調な出世街道を歩んでいました。そんなある日ヴァルツァーは上官からある命令を受けます。

それは、軍事国家ヴァイセン王国の同盟国でありながら、軍事的にはヴァイセン王国の足元にも及ばないほど遅れているバーゼルラントの王立士官学校の顧問として派遣されることになりました。

士官学校に到着したヴァルツァーが目にしたのは、自身の祖国であるヴァイセン王国に比べてあまりに前時代的な、遅れた訓練だったのですが、士官学校の生徒たちはヴァルツァーのもたらす新しい軍事的な知識や理論などを見て彼を慕うようになっていきます。

 

そんななか、ヴァルツァーと彼の生徒たちはバーゼルラントの第二王子と王立士官学校知り合うことになり、次第にバーゼルラントの王室での派閥争いや、ヴァイセン王国と対立する周辺国家の間に起こる戦争に巻き込まれていくことになります。

まさに激動の時代であった19世紀のドイツと同じくヴァルツァーをはじめ、彼の教え子や後輩、バーゼルラント王室は激動の時代を近代軍事理論や近代兵器を用いながら生き抜いていく様子が描かれています。

軍靴のバルツァー 1 (BUNCH COMICS)

新品価格
¥596から
(2015/9/7 05:36時点)

軍靴のバルツァーのみどころは?

おすすめ漫画、軍靴のバルツァーのみどころは?

まず、この漫画の見どころは近代ドイツの軍事国家という歴史背景と、そんな中を力強く、したたかに生き抜いていく登場人物達にあると思います。

現在私は近代ドイツについて研究しているのですが、この漫画の作者である中島三千恒先生はこの時代の文化、歴史、軍事事情、兵器などについて非常に詳しく正確に描かれているので、私達が読んでも非常に楽しく読み進められます。

 

また、この漫画の大きな魅力の一つに中島三千恒先生の美しい絵にあると思います。

例えば主人公のベルント・ヴァルツァー少佐の軍服はもちろん砲台や銃などの兵器、女性のドレスや王族の衣服をはじめそのすべてが繊細で緻密なタッチで描かれています。

 

ただ、読んでいて思ったのは、中島先生があまりにこの時代のドイツの事情に詳しいので、少し内容が難しいので、この漫画の対象年齢は少し高めなのではないかということです。

中高生が読んで楽しい漫画というよりも、大人がゆっくり当時の歴史を考えながら中島三千恒先生の巻末や章と章の間に書かれている当時の文化や軍事に関するコラムを読みながら楽しむという感じの漫画であると思います。

 

破天荒な性格でありながら、戦場では信じられないほどの冷静さと実力を発揮する主人公や、様々な性格や事情を抱えた彼の生徒たち、常に真面目ではあるが少々頭の固いバーゼルラント第二王子、ミステリアスな雰囲気漂うバルツァーのもと戦友。

それぞれが様々な魅力をもつこの漫画は気づいたら単行本をどんどん読み進めてしまう、そんな漫画です。

他にもおすすめの漫画を探してみよう!

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ