【おすすめの漫画】ACMA:GAME(アクマゲーム)のあらすじ 知的バトルが好きにお勧め!

おすすめ漫画「ACMA:GAME」(アクマゲーム)

この漫画がどんな話か簡単に説明しますと、勝ったものが負けたものに対して、命や金、絶対服従の命令といった要求を何でも出来る「アクマゲーム」をテーマにした物語です。

巨大グループの総帥兼現役高校生である主人公、織田照朝の元にマフィア「ベルモンドファミリー」が現れ、企業のっとりの為にアクマゲームを仕掛けてきます。

天才、織田照朝は初見である上に物理法則を無視しているアクマゲームのやり方、勝ち方を見事に見抜き、ベルモンドファミリーに勝利します。

その結果闇の秘密結社「グングニル」との戦いに巻き込まれていくことになります。

「ACMA:GAME」どんな人にオススメか

「ACMA:GAME」どんな人にオススメか

この「アクマゲーム」はデスノートのような知的バトルが好きな方にオススメです。

他にも「ちょっと変わった少年漫画」が見たい方にもお勧めです。

どこがちょっと変わっているのかと言いますと、主人公が一見「完全無欠のイケメンエリートの善玉」のように見えるのに、どこかペテン師的なのです。

 

それが端的に現れているのがアイドル「式部 紫」との戦いです。

この紫という女の子はグングニルに家族を人質に取られ強制的に戦わされているのですが、その子をアクマゲームで追い詰めた後照朝はこう言います。

「俺の言う通りにしたらお前を救ってやる」そう救いの手を差し伸べるのです。

追い詰められている彼女は彼を信じて言う通りにします。そして、見事に騙されるのです。

その時の照朝のドヤ顔と紫の絶望した顔の対比は素晴らしいのひと言でした。

 

ここで話が終わったら照朝は外道なのですが、その後「あなたを絶対に許さない」と睨みつけてくる紫に、「でも約束は守ろう」と切り返し紫の家族をグングニルから奪回します。

正確に言うと別働隊が奪回に成功した事を報告するのです。普通の少年漫画なら、女の子が救いを求めている→救うとなるのですが、この場合、女の子が救いを求めている→ペテンにかけて勝つ→救うとなるのです。

この辺が「ちょっと変わった少年漫画」なのです。

ACMA:GAME(1) (講談社コミックス)

新品価格
¥463から
(2015/8/21 15:52時点)

「ACMA:GAME」の内容や登場人物

「ACMA:GAME」の内容や登場人物
先ほどのどんな人にオススメか説明しましたが、この「ACMA:GAME」は、どこかペテン師的なところのある天才高校生が、アクマゲームを使って日本を乗っ取った悪の秘密結社と戦う話です。

 

後注目すべき点として、この漫画主人公もそうですが、出てくるキャラはみんなキャラが立ちすぎで強烈なインパクトがあります。

主人公以外にも歪んだ天才ギャンブラー、総理の息子の俺様クン(しかも天才)、サイコパスの心理学者、正義漢の超人アスリート(友人をいじめた同級生を殺した経験あり)、家族の命より勝負に勝つ事が大事と言い切る将棋の名人、一見おとなしそうに見えて裏の人格はドSのメガネ少女など、みんなどこかおかしいです。

そのおかしいキャラたちが仲間になったり、時に敵対したりしながら強大な悪と戦うという少年漫画です。

 

結論としてこの漫画の特徴は第一にキャラが立ちすぎていて魅力的である事、第二に少年漫画にしてはどこか変わっている事、この二つでしょう。

是非読んでみてはいかがでしょうか。

他にもおすすめの漫画を探してみよう!

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ