【おすすめ漫画】Axis powers ヘタリアのあらすじや内容 様々な国を擬人化したマンガ!

おすすめ漫画「Axis powers ヘタリア」

Axis powers ヘタリアは、他の漫画とは大きく違う点があります。それは、主人公が人間ではなく、擬人化された国であるという点です。

この漫画のあらすじはそんな登場人物達である国々の文化や歴史などの史実になっているんです。

 

主人公はパスタとピザと芸術、女性をこよなく愛する陽気な国民性の国、イタリアです。

ではなぜタイトルがイタリアではなくヘタリアというのかというと、イタリアが伝統的に戦いがあまり得意でない国であったという点や陽気で楽観的な国民性からヘタレ&イタリア、というところからの合成語でヘタリアになっているのです。

ですがこれは決してイタリアを馬鹿にしているわけではなく、戦争は強くなかったけれども料理や芸術などの文化に特化した憎めないイタリアということなのです。

ヘタリアには様々な国が登場する

ヘタリアには様々な国が登場する

基本的にこの物語の舞台は現代の世界か近代の世界が多いのですが短い短編の話または4コマ漫画が多いためきっちりと定まった舞台はなく、話によって出てくるキャラクターも様々です。

主な登場国家はイタリア、ドイツ、日本などの大戦中枢軸国家だった国やアメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国、カナダ、スペインやスイスなど誰もが知っている国をはじめ、セーシェルやリヒテンシュタイン、ベラルーシなど一般的にあまり日本で知られていない比較的マイナーな国、シーランドの様に国際法で国と認められていないような国も登場します。

 

また、過去に存在したローマ帝国や神聖ローマ帝国などの国も登場人物たちの過去の話に絡めて登場します。

ヘタリア Axis Powers (1) Speciale (バーズコミックス)

新品価格
¥734から
(2015/9/7 07:22時点)

ヘタリアの見どころは?

ヘタリアの見どころは?

この漫画の最大の特徴であり魅力である点は実際に存在している国を擬人化しているという点です。

例えばタイトルにも登場するイタリアは楽観的で陽気な料理と芸術をこよなく愛する青年であるというイタリアらしいイメージに沿った登場人物になっていますし、そんなイタリアに苦労しつつも面倒を見ているドイツは真面目で勤勉な質実剛健を地でいくような筋肉質なゲルマン系の青年として描かれていますし、登場人物としてよく出てくるフランスは史実の様に昔からイギリスとはよく戦っていたけれど近年は仲良くやっている料理とファッション、恋に生きる青年になっています。

 

このヘタリアは様々な時代・様々な地域の史実、文化をストーリーとして使っているのでこの漫画を読んでいると自然に歴史に触れるようになりますし、様々な国の地理や文化に自然と興味を持つようになります。

また、学生時代に勉強したけれどよくわからなかったという歴史上の事件なども分かりやすく描いているので、今まさに歴史を勉強しているという学生だけでなく、大人が読んでもそうだったのか、と新しく知ることのできる漫画になっています。

 

ですのでAxis powers ヘタリアは子供だけでなく大人も老若男女問わず楽しむことのできる漫画ですし、この漫画を読んでいるうちに自然と世界地図やそれぞれの国同士の関係性がごく自然に頭に入ってくるのです。

勉強として覚えるのが大変なことでも、面白い漫画ならば楽しみながらゆっくり学ぶことのできる良い作品であると思います。

他にもおすすめの漫画を探してみよう!

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ