【おすすめ漫画】GIANT KILLING(ジャイアントキリング)のあらすじや内容 様々な視点のサッカー漫画

おすすめ漫画「ジャイアントキリング」

GIANT KILLINGは週刊モーニングで連載しているサッカー漫画です。

物語の中心になるのは、達海猛監督です。かつては日本サッカーの中心的選手でしたが、海外移籍直後に膝の故障が原因で若くして現役を引退します。

その後、イングランドのアマチュアクラブの監督に就任し、カップ戦でトップリーグのクラブから勝利を狙えるレベルにまでチームを勝負強く育て上げます。

サッカー好きにはおすすめな漫画

サッカー好きにはおすすめのジャイアントキリング

その後、かつて現役時代に日本で所属していた「East Tokyo United(以下、ETUと表記)」から監督業への就任を懇願され、ETUの監督に就任します。

ETUの監督に就任後は、周囲をアッと驚かす様々な練習法・起用法を見せながら、残留争いに染まってしまっていたチームのメンタリティを少しずつ、しかしさまざまな形で改善させていきます。

 

そして、前夜祭イベントで「今年の日本サッカーは俺が面白くする」と宣言し、リーグ戦に入り試合を通してチーム・クラブと共に様々なチーム・クラブと、そして自分たちの課題と戦っていきます。

その中では、ETUの各選手やクラブスタッフ、サポーターもそれぞれの課題と戦います。また、時にはETUと戦う対戦クラブのドラマや日本代表にもフォーカスを当てて描いていきます。

 

この作品は、まずJリーグを見ている人なら必見です。後述のおすすめポイントにも書きますが、とにかくさまざまな視点から作品を描いていまして、そのどれかは必ず読者のアンテナに反応します。もちろんそれは1つとは限りません。

また、最近の連載では試合に日本代表に関わるエピソードも増えてきました。そういった意味では、日本代表好きなサッカーファンのアンテナに反応する事もより増えると思います。

GIANT KILLING(1) (モーニング KC)

新品価格
¥596から
(2015/8/23 05:15時点)

ジャイアントキリングは色んな人の視線で描かれる

ジャイアントキリングは色んな人の視線で描かれる

では、ここからはGIANT KILLINGの具体的な魅力です。

とにかく最大の魅力は、とにかく様々な人の視線から物語が描かれる事です。主人公の達海猛が最も多いのかというと実はそうでもなく、各キャラクターが様々な困難や課題と戦う中で、その解決や克服のヒントを与えるのが達海猛であるといったシーンは非常に多く、達海はその役割を以て物語の中で忙しく立ち回っている、とも言えるのです。

ピッチで戦う選手はETUの選手はもちろん、試合を通しては相手チームの選手や監督の課題やドラマについても描かれます。

そのため、そのドラマの人物や描写が多く濃密に描かれる試合ほど、1試合でコミックス3巻分の長さになる、といった事もあります。

 

そして試合の中では同じくピッチの選手と共に戦うサポーターのドラマも描かれます。

ETUのサポーターは黄金期の後の低迷期を支えたサポーターが中心グループとなっていたものの、その応援方法や雰囲気が万人には受け入れられているとは言い難く、特に達海就任をきっかけに復帰したサポーター達との間で様々な軋轢が生まれてしまいます。

かつて達海が愛し愛された時代のサポーターと達海が去った後も支え続けたサポーターのそれぞれの想いを、時に達海本人やスタッフも交えながらシーズンの長い時間をかけて互いに向き合っていきます。

 

また同じようにクラブスタッフも古今の課題と戦います。時には自分には何が出来て何が出来ないかを、時にはなぜ黄金期は崩れてしまったのかを、時にはスポンサー問題を、といった様にその課題は様々です。

それらの物語に、時には代表監督や代理人、各選手を支える人々、選手の戦いを綴る記者、などの目線も交えながら描いていきます。

そんなボリューム満点の日本サッカーを描く傑作、それがGIANT KILLINGです!

他にもおすすめの漫画を探してみよう!

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ