【おすすめ漫画】弱虫ペダルのあらすじや内容 自転車部をテーマした学園マンガ!

おすすめ漫画「弱虫ペダル」

弱虫ペダルは、秋葉原に通うオタク少年が、ひょんな切っ掛けでロードバイクに乗り、自転車界で活躍するお話です。

この物語のポイントは、アニメ一筋でスポーツが苦手だった、典型的なださいオタク少年が、そのオタクという特性から養った特技にて、スポーツ界で大活躍するようになるという、シンデレラ・ストーリーです。

漫画を読む人の中にも、オタクでありアニメやゲームが大好きという読者層が多いと思われますが、この弱虫ペダルはオタクの少年が主人公ですから共感を得やすくなっているのです。

弱虫ペダルはこんな人にオススメ

弱虫ペダルはこんな人にオススメ

弱虫ペダルは、こんな人にオススメです。

これからスポーツを始めてみたいが、スポーツの鍛え方や精神モチベーションの保ち方を知っておきたい人。

既にスポーツを嗜んでおり、運動部やスポーツサークルに入っている人などです。

 

弱虫ペダルは、ただのオタク少年の漫画ではなく、ロードバイクという世界を緻密に描いています。

運動による成長、挫折などがとてもリアルに描かれており、運動をしている人ならば共感してしまいます。

既に運動をしている人は主人公を見てがんばろうを思えたり、参考にできます。

 

これからロードバイクを始めてみたい、自転車が好きという人も是非読んでみてください。

実際にロードバイク経験のある作者が描いているため、ロードバイク乗りでも十分に楽しめる内容になっています。

 

そしてもちろん、漫画やアニメが大好きな少年少女にもおすすめです。

主人公はロードバイク乗りになりながらもずっとオタクの精神を忘れず、アニメを愛し続けているままであり、オタクならではのアニメへの愛情が描かれています。

アニメが好きだからというエネルギーが、自転車にも反映されており、オタクという設定が活かされています。

 

さえないオタク生活を送っていた主人公は、同じ学校の少年との出会いにより自転車サークルに入り、ロードバイクを乗りこなすようになります。

秋葉原に通うために自転車で長距離をこなしてきたオタク主人公は、そのために足腰が鍛えられ、自転車も乗りこなせる技術をいつのまにか身につけていたのです。

弱虫ペダル コミック 1-40巻セット (少年チャンピオン・コミックス)

新品価格
¥18,101から
(2015/9/9 23:59時点)

ロードバイクが好きになる漫画!

ロードバイクが好きになる漫画!

秘めた力が発揮される瞬間は、見ていてどきどきしてしまいます。

自転車部に入ってから、主人公はロードバイクの世界に詳しくなっていきます。

同じ部活の人々と触れ合い、競争をして自転車に馴染み、次第に大会により他の学校の生徒とも競争をするようになります。

主人公をみくびっていた周囲が主人公の秘めたるパワーに圧倒されている姿は、爽快感があります。

 

魅力的なキャラクターが多く、ストーリーのみならず、キャラクターへの親近感もわいてしまいます。

ただ自転車に乗っているだけではありません。

人間の根性、悲しみなどもまじえ、リアルな心理描写により泣かせてくれます。

おおまかにいうと、典型的なスポーツ漫画であり、爽やかに読むことができます。

えぐい描写や、グロテスクな描写はなく、少年漫画ならではの爽やかな展開により、少年から大人まで安心して読めるのです。

他にもおすすめの漫画を探してみよう!

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ