【おすすめ漫画】血界戦線のあらすじや内容 アメコミの要素を含んだバトルマンガ!

おすすめ漫画「血界戦線」

血界戦線は2009年にジャンプSQで読み切りが掲載されて、その後ジャンプSQ.19で連載が決まり大ヒットしている内藤泰弘原作の漫画です。

この作者の代表作にはトライガンという作品があり、そちらの方もアクション多めの作品としてヒットを飛ばしました。

この作者の漫画にはアメコミを思わせるふんだんなアクションシーンが盛りだくさんであり、とてもスタイリッシュなバトルを繰り広げるものが多く、見ていてとても爽快感があるものが多いです。

血界戦線ですが、舞台は一夜にして霧に包まれて異世界と繋がってしまったニューヨークが舞台であり、その地である「ヘルサレムズ・ロット」で異世界の住人たちとの均衡を守るために暗躍する「秘密結社ライブラ」たちの、日常から戦いを描いています。

主人公は、キワモノだらけの街にある目的でやってくる少年レオナルド・ウォッチで、彼は事件に巻き込まれる内に自身に秘めた、隠された事象を見抜く「神々の義眼」を駆使して、秘密結社ライブラの一員となり仲間共にヘルサレムズ・ロットでの生活と戦いの日々を過ごす物語となっています。

 

この血界戦線に関しては、今年2015年4月からアニメ化がされたので、そこから知った方も多いと思います。

アニメのオープニングソングはUNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」で、聴いた事が有る方も多いのではないでしょうか。

原作漫画に関しては現在10巻までが発刊されており、こちらで第一部が終了となり現在ジャンプSQ.19では第二部として「血界戦線 Back 2 Back」が好評連載中です。

血界戦線 コミック 1-10巻セット (ジャンプコミックス)

中古価格
¥4,300から
(2015/9/10 22:06時点)

血界戦線はどんな人におすすめの漫画?

血界戦線はどんな人におすすめの漫画?

この血界戦線をお勧めする時に真っ先に上がってくるポイントと言えば、作者のアメコミ好きな熱が感じられる圧倒的なバトルや、迫力がある絵柄やコマ割りなどでしょう。

背景の細かい設定からキャラのカッコよさやクールさ、異世界の住民の奇妙さやどこか憎めない愛くるしさなど、どれをとっても良く練られていますし、それでいて、アメコミのような明るい雰囲気が織りなすストーリーは見ていてとても気持ちいいです。

 

アメコミ的なお話の特徴としては、味方キャラとヴィランと呼ばれる敵キャラの個性さが挙げられますが、こちらもきっと好きになれることでしょう。

主人公のレオはひたすらに諦めない等身大の少年であり、秘密結社ライブラのメンバーはこれまた個性的な人物ばかりです。

リーダーであるクラウスは強面であるが紳士でありながら、その拳から放たれるブレングリード流血闘術は、ヘルサレムズロットに住み着く吸血鬼の眷属を倒し、封印するといった圧倒的なパワーを持っている信頼できる人物です。

もちろんそれだけじゃなく時にはお茶目な一面を見せたりして、強面なのに可愛いというキャラだったりします。

 

他にもライブラのメンバーには様々な能力を持った仲間がいますが、これらもまた異世界の住民と対峙するための異能な能力者ばかりであり、こういった能力モノが好きな人にもお勧め出来る作品です。

そしてなによりその能力を使ったバトルの描写が圧倒的な爽快感があり、2ページぶち抜きの大コマでの描写は漫画が持つ力というものを体感させてくれます。

このように血界戦線はアメコミテイストな異能な能力者たちが、秘密結社として街を人知れず守っていくという物語が好きな人にも、ド派手なアクションが見たいという人にもお勧めの作品です。

他にもおすすめの漫画を探してみよう!

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ